古本屋の買取価格が同じになる理由

ネット古本屋の多くは、何でも扱う古本屋であり、その差を外部の人間が見極めるのは難しいものです。
実感として体感するには、複数の古本屋を並行利用するのが最適ですが、全く同じ本、同じ状態の本を買取依頼するわけではないので、ここのお店は高い!ここはぼったくりだ!と断言するのは難しいものです。

 

また、ネット古本屋の多くは、昨今販売のためにAmazonを利用しています。
これは、Amazonの新刊販売画面上を見ると分かりますが、同時に中古品販売を行っているマーケットプレイスという仕組みがあるためです。
ここでは、いわゆる「価格競争」「割引合戦」が行われており、結果的に人気作であればあるほど(しかも発行から年月が経過している)、価格がゼロ円に近くなっていくという状況が生まれています。

 

普通、古本屋で本を購入する際、あちこちの店を渡り歩いて価格を比較し、一番値段の安い店で買うというのは面倒ですのでやらないでしょう。
しかし、ネット上、しかも1つのサイト上で価格比較ができるのであれば、それは価格の安いところで買おうと誰もが思うものです。

 

このような状態に、大手、中小、そしてお店ではない個人までも同時に巻き込まれているために、古本の価格はだんだんと均一化しています。
このため、買取額もある程度のところで落ち着いており、特に大手同士ともなると、買取額に際立って差がないというのも実情です。

キャンペーン開催店を探してみる

そんな中で、1軒だけを選択して買取依頼する場合、選び出す条件の1つとなるのが「キャンペーン」です。

 

これは、常時開催されているわけではありませんが、各店が状況に応じて行うもので、買取額を上乗せするものです。
お店によりますが、一般的に「何冊以上の買取で何パーセント買取額アップ」「○○円以上の買取額の本が○○冊以上で○○パーセントアップ」などなど、いくつかの条件を設けて開催されています。

 

多いキャンペーンとしては、いわば量を求めているものと、質を求めているものの2つに分けられるわけです。
この場合、新しく綺麗な本が多いのであれば後者を、何年か分の本が雑多に混ざっているのであれば前者をという風に使い分けが必要です。

 

とは言え、常に開催されているわけではありませんので、例えば本サイトでご紹介しているネット古本屋に全部アクセスしていただき、チェックするなど、多少の面倒はあります。
面倒ですが、例え5パーセントアップであっても、面倒のかかった分は取り戻せると思いますので、ぜひチェックしてみることをオススメします。