本の値札を剥がして高額買取

古本屋で購入した本には、販売価格のついた値札がついていることがあります。
これがついていると、いくら買取価格の高い本でも、それ以上の価格をつけにくいので、剥がしてから送るのがいいでしょう。

 

値札は、爪で角をめくり、無理矢理剥がす方が多いかも知れませんが、これは本にダメージを与えるため厳禁です。
また、ドライヤーなどで値札を温め、剥がしやすくする方もいますが、これも本にダメージがあるため止めた方がいいでしょう。

 

値札を剥がすために用意するのは、「値札はがし」という商品です。
アルコールが含まれる商品がほとんどですが、いくつかの種類があります。シール剥がしという名称で販売していることもあります。
ペンタイプ、スプレータイプ、筆で塗るタイプなどありますが、使いやすいものを購入しましょう。ホームセンターや文房具屋などで販売しています。

 

値札はがしの使い方は、簡単です。
本に付いた値札に成分を含ませ、しばらく放置します。その後、角の部分に力をかけるとすっと浮き上がったように剥がすことができます。
この際、粘着力が強く感じたら、無理に剥がさず、再度値札はがしの成分を染みこませると、簡単に剥がすことができます。

 

古本屋で購入した本には、他に最終ページに鉛筆書きで値段がかかれていることがあります。これは消しゴムで簡単に消せますので、慎重に消していきましょう。