古本屋というビジネス

例えば、自動車やバイクを売ろうと思ったら、あなたはどうするでしょうか?
今であれば、まずインターネットで複数の業者をピックアップし、そこから買取見積りを出してもらうところから始めるのではないでしょうか。

 

その上で、複数の業者の買取価格を検討し、時間があれば各社に買取価格の上乗せ交渉をするかと思います。
自動車やバイクは、数万円~数百万円の価格で販売され、業者の利益も数万~数十万円程度になります。

 

このため、価格交渉をする余裕もあり、場合によっては当初の見積もりの倍以上なんてこともあるようです。

古本屋で価格交渉はできるか?

では、同じ中古業者である古本屋はどうでしょうか?
インターネット上で調べても、古本の価格比較ができるサービスはありません。また、古本屋にお願いしても、事前に(現物を見ずに)買取価格を教えてくれるお店はほとんどありません。

 

というのも、古本の価格は、ごく一部の希少な本を除くと、あまり高額なものではないからです。
このため、利益もそれほど多くなく、大量の本を多くのお客さんにどんどん販売していかなくては、なかなかうまみのある商売となりません。

 

古本屋に持っていった本の買取価格が、1冊10円だったとしましょう。10円程度の本であれば、店頭では100円程度で売られます。
買取価格の10倍もの販売価格ですので、一見不当な利益をあげているように見えます。
しかし、金額で見ればたった90円の利益しかなく、1冊売れてもお店の維持費やスタッフの人件費の足しにもなりません。

 

このような数十円、数百円の積み上げで古本屋は商売をしています。そのため、全国から大量の本をかき集め、大量に販売することで利益を生み出しています。

ネット古本屋はどうか?

その中でも本サイトでご紹介しているようなネット古本屋はどうでしょうか?

 

ネット古本屋は、店舗を持たないことでコストを下げ、その分を買取価格に上乗せし、大量に本を集めて販売しています。
また、古本の買取額をつける際も、データベースに登録された買取価格情報をチェックし、その上で本の状態を勘案して買取額を決定します。
これにより、スタッフそれぞれは素人に近いアルバイトでも仕事になるわけです。

 

逆に言えば、そこに個人の考えや価値観が入り込む余地は少なく、誰が買取額をつけてもほとんど変わりません。
そこで、価格交渉をしようと思っても、既に買取額はある程度決まっているために、交渉により値段の変更が生じる余地はないのです。

 

また、全国から大量の本を買い集めてビジネスとしているため、一人のお客さんにかかずらっている暇が少ないという事情もあります。
もし、価格交渉をしたいのであれば、ネット上には個人経営の小さな古本屋も多く存在していますので、そういったお店を利用するのも一つの手だと思います。